お気に入りの化粧品を見つけるにあたって

  • 夏こそ化粧品でのお肌のお手入れが大切

    • 気温が高くなり暑くなる時期は頻繁に汗をかく機会も増えます。汗をかいたお肌は湿り気をもっているので、乾燥とは無縁とつい誤解しがちなパターンも多く見受けられます。

      しかし実際には、汗でぬれたお肌は乾燥にまっしぐらです。


      この時期こそ化粧品でお肌のお手入れに力を入れなければなりません。外気の気温にさらされて汗をかいた肌は確かに湿り気のある状態ですが、室内にひとたび入るとエアコンなどの冷房器具により肌表面の水分はたやすく蒸発します。

      同じことは外の紫外線にも当てはまります。
      お肌の表面の水分は日差しからも影響をうけ蒸発します。
      このような状態がお肌の乾燥を助長させるのです。

      暑い季節になったからとむやみに化粧品をさっぱり系のものばかりにかえるのではなく、意識して保湿がしっかりできるものを手元にキープしておくことが大切です。
      また化粧品による保湿をまったくしないなどは避けるようにします。
      一見潤っているようにみえる肌でも乾燥の原因となる要因はいたるところに潜んでいます。
      汗をかいた時にも拭き方のコツがあります。


      決して力任せにタオルでお顔を拭ってはいけません。

      一度タオルを濡らして絞ったタオルを使うようにします。そっとお肌に当て吸わせるようにすることをイメージして、汗を拭き取ります。汗を拭うタイミングは、汗がお肌から引く手前頃が最適です。何度も何度も汗がでるたびにお顔を拭うより、一回で終わらせるようにするほうがタオルの使用頻度も格段に減りお肌への余計な負担を与えません。

      肌を綺麗に保つには、洗顔は欠かせない物です。
      化粧品の基礎となっていると言えます。


      洗顔ですが、一日に二回まででいいのです。
      洗顔をするということは、毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とすもので、洗えば落ちるのですが、この皮脂に関しては、取ると必ず肌は、それに反応して、また皮脂を出そうとします。


      つまり洗顔の回数が多すぎると、肌が皮脂が出やすい肌になってしまうのです。

      そういう意味で洗顔は一日に二回程度が妥当です。洗顔剤はクリーム状のものが多いんですが、実は固形石鹸が良かったりします。

      クリーム状やチューブで出すタイプの洗顔剤は汚れがよく落ちるように界面活性剤が含まれています。


      さらに洗顔後に顔のつっぱった感じが出ないように油も少量ですが混ざっています。


      しかし固形状の石鹸の多くはこの界面活性剤が含まれていないものが多いです。


      固形石鹸でしっかりと時間をかけて泡で洗うイメージでいいのです。

      成分は弱酸性とかの表示がありますが、洗い流す水は、中性の為肌は中性に戻ってしまいます。

      だから成分そのものにそうこだわらなくてもいいです。
      クリーム状やチューブで出すタイプの洗顔剤も固形石鹸と同じ効果のものがありますが、それを見分けるのは難しいのが現状です。

      化粧品選びが難しいように洗顔剤を選ぶのもまた難しいのです。


      その点固形石鹸は失敗が少ないです。


      使いすぎがないためコストパフォーマンスに優れています。

      化粧品は色々と試行錯誤はありますが、洗顔は基本に返って固形石鹸を使うのもスキンケアといえます。

















  • 関連リンク

    • 普段使いの化粧品に、はちみつを混ぜて使用するとさまざまな嬉しい効果が期待できます。はちみつはお菓子に使ったり飲み物に混ぜたりの、ただ甘く美味しいだけの存在ではありません。...

    • 無添加化粧品には、肌に負担を与えるものは含まれていないので、敏感肌やアレルギー肌の方でも安心して長期で使用することが出来ます。もちろん添加物は何の意味もなく入っているわけではないので、たとえば香料の場合は良い気分にさせてくれたり、リラックス効果をもたらしてくれます。...