お気に入りの化粧品を見つけるにあたって

  • 美容液は使う方が良い

    • スキンケアの基本的なステップは、化粧水で水分を補給し、乳液で水分を閉じ込め蒸発するのを防ぐというものですが、時としてそれだけでは物足りないことがあります。そのような場合に使われるのが美容液であり、肌に与えたい成分が濃縮されています。


      そのため、化粧水や乳液だけでは補えない高いレベルでのスキンケアが可能となります。
      美白やハリ、シワ、たるみなどの悩みにダイレクトに働きかけてくれるので、使用していない場合と比較すると、将来的に肌の美しさは違ってくることでしょう。
      使い方としては、化粧水と乳液の間に使うというのが一般的のようです。

      乳液(油分)で蓋をしてからでは、美容液の浸透が邪魔されるからです。


      また、化粧水が浸透していく力を利用して、美容液も一緒に肌の奥に入れることができるので、化粧水と乳液の間で使用するのがタイミングとして良いのです。
      美容液は、化粧水や乳液と同じシリーズのものが使われることが多いです。

      しかし肌に合うのであれば、異なるブランドのものでも大丈夫です。
      化粧水の主な役割は水分の補給であるため、安価な化粧水で惜しみなく水分を与え、その分、配合成分がとても貴重で高価な美容液を使うという人もいます。蓋をするための油分は、ホホバオイルやスクワランオイルを使います。


      なるべく、先に塗った美容成分を邪魔しないよう、他のスキンケアをシンプルにします。以前から使われている有名な成分から、最近使われるようになった成分まで、とても数多くありますので、色々試して肌の状態を確かめてみましょう。スキンケアの基本となるのは保湿です。ですから化粧水で潤いを与え、その潤いをクリームで閉じ込めるだけで十分と言うことができます。
      保湿は、全ての肌トラブルに対応することができるスキンケアです。ただしより目に見える形で肌トラブルの改善や解決を目指すのであれば、保湿だけでは不十分です。

      そこで登場するのが美容液の存在です。保湿を基本としながら、そこにプラスアルファ、肌トラブルの改善、解決に有効とされている成分が高濃度で含まれているのが美容液の特徴です。ですから、肌トラブルの悩みを軽減、また予防してくれると言う役割がこれには期待できます。
      美容液は様々な種類のものが販売されています。

      その主な種類としては、女性の肌悩みの代表的なもの、乾燥、美白、そしてたるみを挙げることができます。

      乾燥は、化粧水やクリームでは物足りない方に向けられた種類です。

      肌内部の潤いは、加齢と共に少しずつ低下していきます。
      それがやがては、しわやたるみにもつながりますから乾燥が気になる方はこれを使用しておくと良いです。
      美白の種類のものは、化粧水やクリームでも販売されています。

      ただより有効成分を高濃度で含んでいるのがこの種類の美容液の特徴だと言えます。

      ですから、美白用の化粧水やクリームなどと合わせて使うことで、更なる効果を期待することができます。

      たるみに関しては、肌内部で弾力の役割を果たしているコラーゲンやエラスチンと言った成分を補う効果が期待できます。
      肌たるみには乾燥の他に、紫外線ダメージも大きく影響しています。

      ですから通年、UV対策をしっかりと行ったうえで、この種類のものを使用すると肌弾力を若々しいままキープすることができます。
      それぞれ種類によって代表的な有効成分が異なります。
      それを知っておくと、実際に美容液を選ぶ際にも、自分の肌悩みに合ったものを選ぶことができます。

















  • 関連リンク

    • 普段使いの化粧品に、はちみつを混ぜて使用するとさまざまな嬉しい効果が期待できます。はちみつはお菓子に使ったり飲み物に混ぜたりの、ただ甘く美味しいだけの存在ではありません。...

    • 無添加化粧品には、肌に負担を与えるものは含まれていないので、敏感肌やアレルギー肌の方でも安心して長期で使用することが出来ます。もちろん添加物は何の意味もなく入っているわけではないので、たとえば香料の場合は良い気分にさせてくれたり、リラックス効果をもたらしてくれます。...